読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろはなカルタ

ここは劇団フォリア所属のボイスドラマ創作サークル『いろはカルタ』運営者のブログです。

続・キャラクターのお話(担当:香坂)

近況報告以外にもブログ書こうねと思ったので、香坂参上しました。

 

タイトル通り、今回の記事はキャラクターについてつらつらと書いていこうかと思ってます。

 

前回、レンが紹介してました通り、元々は下の設定でした。

・杏奈と和磨の性別が逆だった
・和磨(初期女)が小学生ではなく、ちゃんと高校生だった
・メインキャラは5人いた

 

 

☆杏奈と和磨の性別が逆だった。

☆和磨(初期女)が小学生ではなく、ちゃんと高校生だった。

 

まず、名前を決める前に役割を決めました。

 

部長・情報屋・マネージャー(マネー部なだけに)

 

部長は美麗というのは決まってました。

ミステリアスな部長。

 

情報屋はさてどうしようと考えたら、

 

情報を集めるには何を使うか。

パソコンとか?

あー、オタク?(とんだ偏見)

男のオタクって書いたことないなぁ。じゃ、男性で。

なら、MOEでどうだろう。

よし、マネージャーはドジっ娘にしよう!

 

というノリでマネージャーはドジっ娘だったんです。

で、高校生じゃないと犯罪臭しかしないので、高校生に。

 

それが何故、性別が逆になってしまったのか。

色々要因はあるかと思われますが、恐らくノリでしょう。

 

……

 

ノリって大事よ? うん。

あと、時間経っちゃったから、変えてみたかったのかも。

これもノリです、うん。大事。

 

逆にしましたが、情報屋→マネージャーの構図は変えたくなかったので、マネージャーを小学生にしました。

ですが、小学生にマネージャーは無理なので……おっと、5シーン目のお楽しみを取るところだった!

小学生にしたことによって、情報屋はショタコンだという設定にチェンジ。

杏奈ちゃんが和磨くんにハァハァという事態に。ああ、ごめんなさい。

これ、全年齢対象じゃない、かも?(笑)

子供にゃ際どい、アミーガ!

 

 

 

☆メインキャラは5人いた。

 

全く覚えてない設定(笑)

もしかして、あの人とあの人のことかな?

重要なポジションの方々ですね。

そのうち出てきます。ええ、そのうち。

 

 

あと、今言えることってなんだろう。

私のお気に入りキャラは最終話に出るってことか?

なんで最終話だけなんだ! もっと早く出せよとあの頃の自分に言いたい。